掛川クジラ化石発掘調査

第1回 2000年8月24日(木)〜8月29日(水)
第2回 2000年 9月2日(土)〜 9月7日(木)

新聞報道

掛川クジラ化石発掘報告

昨年10月に発見されたほぼ完全な肋骨化石が発見された層準を広げで、多くのクジラ化石を発見しようという試みでした。調査は8m×8mの広さの化石層の上面を出して、それを掘り進めました。成果としては、20pほどの肋骨片が2個とそれよりも小さい化石片が20個以上発見されましたが、大物の化石骨を発見することができませんでした。

しかし、ほかにサメの歯が20個以上、タコブネなど珍しい貝化石やカニの化石、保存のよい貝化石を多数採取しました。また、これらの化石がどのように堆積したかについて、広い範囲にわたり垂直的と水平的に地層を観察できたために、いろいろと把握できました。

みなさんのご協力に感謝します。

調査目的

1999年10月に東海大学海洋学部3年生の新村龍也くんが、掛川市の市造成地の露頭で化石採集中に、鯨類骨格化石の一部を発見しました。その後日、横山謙二くんら数人と10月末から11月はじめにかけて発掘を行い、その骨格化石全体を取り出しました。その化石はクリーニングされ、骨端遠心部が少し損失しているものの全長1.3mにおよぶ鯨類の右肋骨ということがわかりました。

掛川層群は日本の太平洋岸の鮮新世から更新世初期(400〜160万年前)の代表的な地層で、掛川層群には豊富な化石が含まれることから、古くから多くの研究者により調査・研究されていて、世界の地質時代年表にも掲載されているほど国内外で有名な化石産地です。現在まで掛川層群の化石に関する研究は数多くありますが、このような大型海生哺乳類化石の報告はなく、この骨化石は掛川層群の化石研究にとってたいへん貴重な標本です。また、鯨類化石の産出記録としては静岡県内で最初の発見になります。

この骨化石は、この露頭に4層ある貝化石密集層のうち第U貝化石密集層から産出しました。この骨化石は貝化石層の直下に埋積した産状を示し、この肋骨化石の下や周辺からも部位の不明な骨化石が数点採取されました。おそらく、このクジラは死後すぐに貝化石をともなう海底の土砂流によって急速に埋積させられたために、このように保存のよい骨化石として保存されたものと思われます。

したがって、このような保存のよい骨化石が発見されたということは、この周辺にさらにクジラ一体分の多数の骨化石が埋積されている可能性が高いと考えられます。鯨類化石は頭骨や顎骨が発見されないと種や属の同定が難しいため、肋骨化石だけでは大きさはわかるものの、残念ながら亜目の同定も不確かなところがあります。また、この造成地は来年には工事で、露頭がまったくなくなってしまい、貴重な化石があったとしても保存することができません。

そこで、この露頭でさらに発掘調査を行い、このクジラ化石について多くの化石を採取し、多くの知見を得て、化石の報告を行いたいと考えます。


『ホーム』へ戻る